八雲の家(ヨーロピアンテイストの家)



駒沢公園にほど近い、目黒区八雲の住宅地に建つ
ご夫婦とふたりのお子様が住まわれる木造2階建ての戸建て住宅です。

パリに在住経験のあるご夫妻から、日ごろの作風というよりもむしろ
家づくりに対する姿勢をご評価頂き依頼を受けた住宅で、
「ヨーロピアンテイスト」の住宅です。

洋風とはいっても、基本的な平面計画や構造、収納、設備等に対する考え方は、
あくまで当事務所の基本スタイルであるシンプルで合理的な考え方によるものです。

敷地面積は約24坪。
ビルトイン形式の駐車スペースとロフト以外の床面積は30坪弱。

敷地の制約やご主人の仕事上で欠かせない書斎を設ける必要がありましたので、
居住スペースはどうしても手狭になりがちな計画ではありましたが、
・廊下を可能な限り少なくする
・天井の高さを利用して空間に変化を持たせる
といったことにより、可能なかぎりゆったりとした場をつくるべく計画をしたものです。

「小さな敷地での家」
「2階リビング」
「自然素材による内外装」
「ヨーロピアンテイスト」
といったことがこの家で求められたことであり特徴です。


1階の階段上がり口。
正面は玄関です。

玄関脇の主寝室。
マーヴィンの木製防火窓とカリンの無垢板のフローリングが特徴の部屋です。
また、窓には室内側に防犯と遮光の為、内戸を設けています。

1階の南東の角に設けたご主人の書斎。
家での仕事も多いご主人が、明るく静かな場所で仕事をする為の部屋で、主寝室と同様の仕上としています。

階段室。
ロートアイアンのセミオーダー手摺、アメリカンブラックチェリーの無垢板の段板が特徴的な空間です。
右手の小窓はキッチン脇に設けた窓で、キッチンから家の中の人の動きが分かるようにしたものです。

階段室より2階のリビングを望む。
チーク無垢材ヘリンボーン貼の床、スイス漆喰塗の壁面、梁材等が特徴的な天井の高い空間です。

リビングよりダイニングを望む。
ダイニング上部には収納用のロフトを設けています。
扇形にマーヴィンの小窓を並べて造った正面の出窓は、外観上もこの家の特徴的な部分のひとつです。

ダイニングよりリビングを望む。
正面は子供室。

子供室。
将来は2室に仕切ることが可能なように出入口を設けています。

夕景。
敷地の隅切りに合わせて、建物の角をデザインしました。

建物データ

所在地 東京都目黒区八雲
用途 戸建て住宅
構造 木造(在来軸組)
建築面積 55.8㎡
延床面積 113.8㎡
竣工 2010年
設計者 中川龍吾/中川龍吾建築設計事務所
施工 司建築計画

おすすめ情報

工種 使用部位・おすすめ理由など 名称・品名等 会社名
左官工事 内外部壁面 豊かな素材感 カルクウフォール (株)イケダコーポレーション
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate