田端の家(部分共有2世帯住宅)



山手線田端駅から徒歩5分程の敷地に建つ木造、在来軸組工法による2世帯住宅です。

敷地は、道路面より一段高くなった角地という条件にあって、
「家族それぞれがゆったりと自分の時間を過ごせる家」
「機能性や耐久性の高いしっかりとした家」
が求められたものです。

防音室(音楽室兼書斎)やお茶室(客間兼用)、ビルトインガレージといった
日頃あまりご覧頂く機会の少ない諸室もある家です。

設計手法・コンセプトとしては、これまでの他の住宅と同様、
シンプルで機能的なプランでありながら、ぬくもりを感じる家
明るく風通しの良い家
ワンランク上の性能を有する家
といった、この住宅でも建て主さんに求められたことを具現化したものです。

各所の主要な仕上げは自然素材を用いている住宅です。


木製ベンチのある玄関ポーチ。
外のベンチは一時的な手荷物置き場としても重宝されることが多いものです。
玄関扉は上記のベンチと同材、タモの無垢材を丸鋸目でテクスチャーを出す仕上げとしました。
玄関扉の奥に見える階段を上がった所には、家の中までは案内をしない来客との打合せコーナーを設けています。

建物の敷地は前面道路より1m程高くなっていますが、道路からはフラットに入ることができるようにした玄関です。
年配の親世帯のご家族の為、安全に家の中でゆったりとした階段で住まいの部分の高さまで上がることができるようにしたものです。
奥の階段の先の三和土は打合せコーナー。
そこにお茶室へ入るにじり口があります。

玄関脇に設けたお茶室です。
客間としても使用するため、天井の高さは高くしていますが、間取りその他は作法に基づくお茶室です。
写真は水屋側からお茶室を見たもので、
奥の左手が床の間、右手がにじり口です。

家の中心に設けた階段室(2階部分)です。
この階段室を中心に家の中をひとまわりすることができるプランとしています。
階段上部に設けたトップライトにより、下階にも光が降りそそぐようにしました。

キッチンより正面(南面)のリビングを望む。
リビング左手はダイニングと木製のパーゴヤがかかるデッキテラス。
右手は階段室を見通す室内窓です。
キッチンからは、この窓ごしに階段を挟んで子供室や音楽練習室回りを見ることができ、家中の人の動きが把握できるようにしました。

南向きのダイニングです。
テーブル上部のトップライトによりダイニングだけでなく、写真左手のキッチンも光が降りそそぐ場所としました。
お子さんが小さいうちは特に、ダイニングは読書や勉強の場にもなりますので、家の中で一番明るい場としたものです。

建て主さんの希望はアジアンテイストのルーフデッキがほしいとの事でした。
ダイニングの南側に設けたルーフデッキは、近隣からの視線が気にならないように両側面を壁として、日射しをコントロールする為にパーゴラを造った場所としました。

ご主人の音楽練習室兼書斎です。
時間を問わずに使用できるように、親世帯の住まいとは平面的にも断面的にも最も離れた場所に配置しました。
木造の住宅での防音室ではありますが、床・壁・天井面においてそれぞれしっかりとした遮音構造とした部屋です。

ビルトインガレージ。
時には趣味の作業場としても使用したいというご希望を受け、建物北側のガレージではありますが明るいインテリアとし、排気ガス対策の為、車の後方のみ濃色の壁面としています。
また、作業道具やその他の収納スペースを充分に取るべく、天井の両側は吊戸棚としています。

建物データ

所在地 東京都北区田端
用途 2世帯住宅
構造 木造(在来軸組)
建築面積 100.9㎡
延床面積 188.0㎡
竣工 2012年
設計者 中川龍吾/中川龍吾建築設計事務所
施工 山崎工務店

おすすめ情報

工種 使用部位・おすすめ理由など 名称・品名等 会社名
その他 庇 非常にすっきりとデザイン ガラス庇 (株)デバイス
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate