古江新町の家



 
 中庭を持つ都市型2世帯住宅
1階と2,3階をポーチから分けて2世帯が計画されています。敷地は北面(前面道路側)のみ開放されているが、他の3方は近接して隣家が建っています。都市住宅ではごく普通の環境かもしれません。このような状況下、中庭を東南角に確保し、2世帯の生活がお互いに感じ合えるように、家は中庭に向いて大きく開かれています。この中庭は家族のみならず隣家でも楽しまれる重要な空間であり、その趣は前面道路からの外観では想像できません。

 
 北面全景
カーポート横のコンクリートに開けられたアルミ製(パンチング)引き戸を開けるとそこは、1階と2,3階を分けるポーチになっている。

 
 2階多目的室バルコニー
縦型バルコニーとして、又単調になりがちな車庫スペースのモニュメントとして道行く人を楽しませている。



 
 1階和室8帖(南面)
茶室としても使われ、雪見障子を通して中庭の緑が美しい。

 
 2階多目的室(北面)
壁一面に配されたガラスブロックは、冬は結露する事なく、また四季を通して直射日光を防ぎ、明るさを提供してくれる。(真北ではないので‥)廊下側にある2箇所の広い引き戸を開けると壁面に納まり、この空間は廊下と一体化する。又まっすぐに伸びた縦型バルコニーは外部空間との架け橋として、この吹抜け空間の重要な役割をはたす。

 
 2階多目的室(南面)
上部(3階)に、個室の一つが見える。南側開口部分からは、中庭が、見下ろせる。

 
 2階廊下
2階~3階へのパンチングされたスチール階段を通してダイニングルームのテーブルが見える。

 3階廊下
3階~屋階への階段は幅を絞ることにより、空間の拡がりとサンルーフからの陽射しの効果をより強くしている。

 3階個室
多目的室の上に見える個室

 
 2階浴室・トイレ

建物データ

所在地 広島市西区古江新町
用途 2世帯住宅
構造 鉄筋コンクリート造壁式3階建
建築面積  86.95  ㎡
延床面積 218.47 ㎡
竣工 2003年
設計者 渡辺武彦
施工 正田建設株式会社
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate