相模原の家



水鳥は悠然としているようで見えない水面下で必死に水を掻いていると、よく例えの引き合いにされます。
住宅も同じで、結果として望ましい状態で整然としている場合、その度合いが高いほどそこに至るまでの労苦が想像以上に潜んでいます。

住宅の間取りや形態には通常望ましいとされる”有り様”があります。居室は南面していて、夏の陽射しを避ける程度に庇が出ていると省エネで気持ちが良い。食卓には朝日があたっていると朝食がさわやかに迎えられる。子ども室に通じる階段は居間を通っていて欲しい、等々。
しかし、敷地や予算などの条件で通常それが適わなく、設計者は何らかの工夫でその望ましい状態に準じたあり様を実現していきます。
工夫がないままに羅列しただけの住宅は凡庸になり愛着が持てなくなるものです。

今回の住宅は敷地の条件に恵まれ、間取りを望ましい状態にすることは技術的には可能でしたが、同時に選択肢が多くもあり、最善の有り様を見極めるための水面下の水掻きは多くなりました。
食堂、厨房、食品庫、階段、ロフトを一つに包み込んでいる屋根の一本の隅木がその水掻きの回答の一つで、これがこの家の特徴を生むこととなりました。

アプローチから庭・建物を見たところ。
南側に玄関があります。

キッチンから、ダイニング・リビング・デッキ・庭まで見渡せます。
キッチンで調理していてもお子さんの様子が確認出来ます。

2階への階段。
リビング・ダイニング・キッチンから、階段上まで一体となった天井。

階段を上ったところにあるパソコンコーナー。

リビングと一体でも使用できる和室。

建物の夕景。

建物データ

所在地 神奈川県相模原市
用途 専用住宅
構造 木造 2階建
建築面積 122.47㎡
延床面積 158.5㎡(48.0坪)※車庫含む
竣工 2008/05
設計者 結設計 藤原・大庭
施工 株式会社深瀬工務店・泰進建設株式会社

おすすめ情報

工種 使用部位・おすすめ理由など 名称・品名等 会社名
工務店 仕事が丁寧 請負工事 泰進建設
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate