板野の家



敷地は、建主の実家の近くで、田畑に囲まれた住宅街の一角に敷地はあります。
 東側に蛍の出る川があり、その向こうにミカンや柿の木のなる小さな山が見えるのが、気に入ったそうです。そのようなこともあり、建主の方の希望としては、敷地からの眺望を生かした住まいにしたい、ということでした。また、ご夫婦で料理が好きということで、家族で料理をするのが,楽しくなるようなキッチンにしたい、という希望もありました。建物の計画としては、LDKを中心として、リビングに大きな窓を設置することにしました。ダイニングやキッチンからも、その窓を通して景色が望めるようにキッチンはオープンキッチンとしました。キッチンとワークスペースを一体とすることで、ワークテーブルが、食事をするテーブルや、キッチンの作業台の一部にもなるこの形を提案しました。
 また、建主が高さの低い植栽を沢山植えることが好き、ということから、リビング以外のすべての窓は、床から高さ60センチまでの窓となっています。各部屋から、小さな植栽が連続的に見えるよう、窓を配置しています。現在は、植栽が植わっていませんが、数年をかけて植栽が植わり、最後は建物が低い植栽で囲われる、というイメージで設計しています。この建物は住み始めてから、徐々に完成へと向かっていく計画となっています

建物データ

所在地 徳島県
用途 住宅
構造
建築面積 85.3㎡(25.8坪)
延床面積 81.3㎡(24.6坪)
竣工
設計者 藤原・室建築設計事務所
施工
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate