家族みんなの居場所がある家



南からの外観

天井高さ1.4mのロフト部分は高さを低くするため平らに、リビング部分は切妻屋根にしました。バルコニーの手すりは前の家が見えず空だけ見えるように高さを調整してつくりました。

逗子の桜並木がきれいな分譲地に建てた住宅です。区画が広いこともあり周辺の家は大きなものばかりの中、若い5人家族のために建坪17坪弱のコンパクトな家を設計しました。

この頃、設計で心がけていることは大きな部屋だったりワンルーム風な間取りではなく、家族それぞれの居場所が出来るように心地よいサイズの部屋を引き戸で閉じたりつないだりしながら組み立てています。時には小さなのぞき窓を付けて気配が伝わるようにします。1人になりたい時は引き戸や小窓を閉めることで自分だけの空間にすることができます。この家も家族5人が1人になれるように寝室や子供部屋以外にそれぞれの居場所をつくりました。子供部屋は寝るだけのスペース+ロフト、勉強は3畳ある共用の書斎をつくり両面に本棚、プリンターも収まる収納、そしてリビングとの間に小窓を付けました。

このコンパクトな家には家族の居場所の他に自転車やサーフボードが入る3畳の外物置、2.5畳の納戸、3.5畳のクローゼット、押入、2.5畳の食品庫、階段下の物入れと十分な収納があります。

小さい家ながらも10年、20年後と暮らし方が変化していっても、家族5人それぞれの居場所があることで快適に暮らし続けることができる家になりました。

北の道路側の外観

出窓のところはダイニング、窓の障子から家族の暖かい暮らしが伝わるように位置を決めました。

2階のリビング

南のバルコニーに出る木製の窓は全開になります。バルコニーの手すりは近隣の家が見えない高さに調整しています。

左(北側)がダイニングルーム、右(南側)がキッチン・リビングルーム。リビングとダイニングの境は引き込まれている引き戸を引き出すと二部屋の仕切ることができます。

北のダイニングルーム

障子下は玄関がありこの窓から暖かい明かりが道路を照らします。南北に風が通り、ダイニングテーブルに座ると気持ちいい風を感じられます。

左がリビングルーム、テレビの左に書斎とつながる小さな小窓。右がダイニングルーム。境にある敷居と鴨居部分に4枚の引き戸が出てきて、勉強時などの時に仕切ることができます。

リビングルームの裏にある家族の書斎、引き戸で個室にもなり床暖房されています。リビングとの間には小さなのぞき窓をつくっています。

造り付けのキッチン

キッチンを一段下げることでリビング側から普通の高さの椅子で座れるようにしています。

キッチンの横につくったパントリー

何でも収まる食品庫兼奥さん専用の書斎、1.65m幅のカウンターを造り付けました。料理が上手な奥さんの隠れ家基地です。

1階の玄関と階段

階段から差す光を呼び込むために境をポリカーボネート板で仕切り、風が通るように半分は引き戸になっています。玄関の冷気を閉じ込めつつ、光と風を通す工夫です。

建物データ

所在地 神奈川県逗子市
用途 専用住宅
構造 木造在来工法2階建て+ロフト
建築面積 64.91㎡
延床面積 110.66㎡
竣工 2013年
設計者 森ヒロシ建築設計所
施工 日本住研
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate