高窓と中庭の家-敷地の高低差が静かな空間と中庭を生む



のの家は、京都の北に位置する静かな住宅街にある縦長の敷地に設計した、木造の住宅です。

敷地は、道路から80cmほどの高さにあり、その段差を充分に活かそうと考えました。
その高低差と窓を高い位置に配置する(ハイサイドウィンドウ)手法によって、建物が道路の近くに建っていても、道行く人の気配はかなり薄らげることができます。
それによって中庭を包むようなプランが成立しました。

中庭と広く接するリビング・ダイニングは、開放的で外部との一体感のある空間となっています。

クライアントの希望や敷地の条件等にゆとりがあったので、ゆったりと、水平線のしっかりした、建築に仕上がったと自負しています。


外観

外観

外観

玄関

リビングダイニング

中庭

和室

ダイニングとキッチン

建物データ

所在地 京都府京都市北区
用途 住宅
構造 木造
建築面積
延床面積
竣工
設計者 一級建築士事務所アトリエm 守谷昌紀
施工 かねわ工務店
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate