幼稚園のような家






ご覧いただきましてありがとうございます。

お施主様は住宅を計画するにあたり、お子様が通園されている幼稚園のように庭にウッドデッキがあり、子供たちがその上でゴロゴロできて、風通しのよい明るい室内空間をご希望されていました。

それで、子供たちがのびのびと遊べる空間に高低差を与えながら、室内⇄ウッドデッキ⇄中庭とがつながるようにして、50坪の敷地全体を最大限利用できる配置計画にすることで「幼稚園のような感じ」の雰囲気をつくり出すことにしました。

母屋・子供棟・和室棟の三つの棟で構成され、三棟によって囲まれて生まれた中庭にウッドデッキを設けることで家族をつなぐ回遊性を生み、外部でありながら中庭を室内の一部として利用することも可能にしています。

また、建物を分棟配置したことで、外壁面が増えてそれぞれの棟に二方向以上の採光と風通しを確保することができ、三つの棟が寄り添い生まれた隙間が敷地内に限らず街並みに対しても風通しのよい環境をつくり出しています。

素材については、構造材は全て無垢材を使用しています。
そして、永きに渡り安心して暮らしていただくことを前提として内外共に化学物質を含まない材料を使用し、手足でその素材の感触を楽しめることも特徴の一つになっています。



中庭越しに母屋と北側の風景をみる。
敷地北側には田園風景が広がりとても眺めのよい環境にあります。

ウッドデッキ越しに子供棟と和室棟をみる。
中庭にはヒメシャラという落葉樹を植えました。

母屋1階、ダイニング
画像中央にあるのは弊社がデザインした掘りこたつで、脚部などすべてを床下に収納することができます。

母屋1階、キッチン
キッチンカウンターの背後は壁面収納になっており、冷蔵庫やキッチン家電等も収納することができます。

母屋1階、キッチンから北側の風景をみる。
キッチンで作業している時にも北側の風景を楽しむことができます。
コーナー窓のところには作業机を設置してミシンがけなどの作業をすることができます。

母屋1階、キッチンカウンター
天板には長さ2.7m、奥行1.0mある一枚物の天然御影石を採用しました。

母屋2階、リビングと寝室

子供棟、スタディースペース
手前に見える黒い棒はお兄ちゃんの登り棒
奥に見える学習机とはしごも弊社でデザインした特注家具になります。

敷地北側から建物全景をみる
お施主様曰く、どこかの高級旅館へ行ったようないい錯覚を覚えてうれしくなったそうです。

建物データ

所在地 神奈川県藤沢市
用途 専用住宅
構造 木造在来軸組工法
建築面積 66.24㎡
延床面積 99.37㎡
竣工 2011年12月
設計者 株式会社五十嵐賢治建築設計事務所
施工 株式会社トレカーサ工事
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate