A-HOUSE



R屋根・黒い袖壁・ルーバー・バルコニーで外内部の中間領域エリアを確保。
プライバシーを確保しつつセミオープンな外部空間を室内空間として利用。
ルーバー背面の階段は犬用階段(散歩から帰った後でも2階バルコニーで自由に走り回れる)。
犬用階段上部には、電気錠ドアを設置し防犯対策としている。
バルコニー下は2台分の駐車スペースと玄関アプローチを確保。
1階から3階までスリット窓を、ロフト部にも欄間窓を設置し構成要素を明確化。

R屋根の最上部を折り曲げ、黒い外壁に被さるデザイン。(シルバーと黒のコントラスト)
東側の黒い壁にはシンボリックな四つ葉の窓をもうけている。
1階から3階までスリット窓を、ロフト部にも欄間窓を設置し構成要素を明確化。

R屋根・黒い袖壁・ルーバースクリーンの構成。

ルーバー背面の2階バルコニー(道路からの見上げ視線はルーバーフィンによって遮られる)。
開口巾=3.2mのアルミ折戸を開けると、リビング・ダイニングを一体利用できる。

R壁背面の2階バルコニー(物干スペースは外部からガードされている)。
3階バルコニー床はファインフロアー仕様とし、風通しの良いバルコニーとなる。
丸パイプルーバー部分には、透明のポリカーボネートを設け、雨の吹き込みを考慮。

奥のキッチンからダイニング・リビングが一望できる。
奥のキッチンから3階 子供室も一望できる。
バルコニーと一体利用を前提にした開口部。
屋上庭園の様に景観目的のバルコニーではなく、内部空間の延長として積極利用を前提としている。

3階 子供室からブリッジを見る
吹抜けのブリッジの向こう側にも子供室がある。
それぞれの子供室の吹抜け側に4枚引戸を設けプライバシー確保。(現時点ではオープン)

3階 子供室から吹抜け見下ろし
白いブリッジは、白い空間の中に浮遊している。

3階 子供室からロフト・ブリッジを見る
ロフト部分のハイサイドライト・吹抜け部分のトップライト。

2階 ダイニング 夕景
バルコニーとダイニングを一体に使用。

建物データ

所在地 神奈川県厚木市
用途 専用住宅
構造 鉄骨造
建築面積 81.57
延床面積 173
竣工 2010
設計者 正本設計工房 一級建築士事務所
施工 スリーテック
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate