千葉県松戸市の住宅『satellites』



面積20坪、道路との高低差1.8mの敷地に計画した住宅です。

高度斜線から導き出した屋根形状や、道路面との高低差分の軟弱地盤を切土して法律上面積算入されないよう計画した地下ガレージが外観の特徴です。

容積率から確保できる面積は32坪が最大ですが、地下の容積率緩和を活用し、140.25平米(43坪)の内部空間を持たせています。

ご主人最大のこだわり『登り棒』や杉板の壁が出迎える奥様自慢のダイニングバー。空を仰ぎ、将来2室に分けられる子供室。遊び場兼書斎になる階段室の踊場やコンクリート打放しの地下趣味室など、ご夫妻の『あったらいいな』をスキップ上のフロア構造を使い、色彩豊かに彩られた楽しい住宅です。

リビングルーム。

天井高3mの開放的な空間は、室内大窓により階段室空間からの採光と通風を計画しました。奥に続く小上がりダイニングは奥様の1番の希望です。

ダイニング(庵)。

一段上がったダイニングは足を下ろせるカウンター付きです。特注の「のれん」でリビングと仕切り隠れ家的なバーの雰囲気を出すことができます。

子供室。

高度斜線から導き出した屋根傾斜に合わせた天井とすることでとても開放的な空間になっています。天窓も2つ設置、将来2室に仕切ることも可能です。

地下ガレージ・趣味室。

納戸と趣味室を備えた地下ガレージスペースは地熱によって夏は涼しく冬は暖かいという環境を保ちます。面積に算入されないよう計画したからこそ実現した空間です。

建物データ

所在地 千葉県松戸市
用途 戸建住宅
構造 地下RC造+地上木造3階の混構造
建築面積 39.40㎡(12坪)
延床面積 95.70㎡(29坪)
竣工 2010年7月
設計者 studioLOOP建築設計事務所
施工
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate