The urbanship in okegawa



埼玉県桶川市、中山道。桶川宿として歴史的な古民家もかろうじて残っている幹線道路。時代の変遷に翻弄され日々移ろう街並み。様々な用途、様々な時代の建物が混在、雑然とした景色が連続する。
果たしてこの街はどこへ向かってゆくのだろうか?雑然と移ろう街並みは、土地に根ざした建築という概念を忘れさせ、個々の建物は、まるで海に浮かぶ船のように、時に時代という荒波にのみこまれ簡単に姿を消してしまう。
この街並みは、大地に頑強に定着しているはずの建築群が、まるで一時的に係留されているだけの危うさをともなう移動可能な乗り物のような錯覚に落ちいさせる。

目的地点不明、時代に翻弄される「都市」という海に浮かぶ「住宅」という名の船。さらに混迷を深めていくことであろうこれからの時代、家族を荒波から守り、目標地点に向かい導いてゆく船・・・それがこの住宅です。

ピアノ教室+住宅

中山道沿いに位置する細長敷地。
1階道路側にピアノ教室があり、車や歩道からピアノを弾く姿が見えるようにデザインしています。
生活は2階。南西側は道路側と一転し閑静な環境を満喫できる空間となっています。

建物データ

所在地 埼玉県桶川市
用途 ピアノ教室+住居
構造 木造2階建て
建築面積 66.37
延床面積 124.60
竣工 2010年1月
設計者 信濃設計研究所/nano Architects
施工 (株)タナベ建設
  • 戻る
  • 建物傾向質問回答集を見る 設計者詳細を見る
ご利用案内
  • サービス概要
  • 探したい方へ
  • 設計者の方へ
  • 工務店の方へ
  • FAQ
  • お問合せ
マイページマイページとは?
ログイン
登録済みの方はこちらからログインできます。
  • ログイン


新規登録
新規登録
新規登録
新規登録
※登録は無料です
SSL
sslcertificate